Cカーブエクササイズの作り方と効果

ピラティスの基本その2:Cカーブ

Cカーブ(仰向け姿勢での基本その2)
骨盤~腰部分をCの字の形にした姿勢のこと

Cカーブをつくるだけでも、腰の筋肉の緊張をほぐすストレッチの効果があります

ピラティスのCカーブ…特に下腹部のCカーブ感覚は
いろいろな動きの中で使う感覚に通じますので
マスターしておくことをオススメします

腹筋を意識してお腹をへこませる

”下腹部の力”でお腹を凹ませます

分かりやすく仰向け姿勢で解説

仰向け姿勢で、骨盤ニュートラルにします
腰の後ろは指1本分くらいのスペースがあります

骨盤ニュートラル説明

恥骨をおへそへ引き寄せるようにすると、腰の後ろのスペースが潰れます
このとき下腹部はカチカチお尻はヤワヤワな状態だとOK

もし…
お尻がカチカチだとそれは脚の力で、同じ形(見た目)にしただけ よってNGです

Cカーブ作る。下腹部を引き寄せる

コツは
キツメのパンツを履いた時に、お腹を引っ込めてボタンを留める
感覚です
実際にパンツを履いて行ってみると、わかりやすいかも?

※腰が丸くなってしまった方も同じような形になりますが
 筋肉を意識的に使ってCカーブを造ることが大切です
 形が同じでも、内容がまるで違うものになりますのでご注意くださいね

パンツを履いた後、ボタン留めて~
チャックを締める時の、お腹を引き上げる感覚
お腹を引き上げる感覚は、骨盤を立てることでもあります

骨盤周辺の小さな筋肉を使うには、一気に動かさずじわじわゆっくり動かすこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました