お腹周りのインナーの使いかた

「腹筋鍛えたいんです」とよく相談をうけます
ピラティスでは腹筋でもインナーマッスルの使い方を、身体が思い出すようにしていきます

実は…腹筋を使うとき
締めつつ潰さず伸ばす意識が必要


コチラの記事でも書いていますが
久しぶり運動をする人が、突然腹筋を鍛えても痛める可能性が高いので
私個人としては、ダイエット・トレーニング=腹筋(メイン)はオススメしていません
(※イロイロ行っている人が、腹筋を行われるのはいいと思っています)

とはいえ、腹筋が使えないのも困るので、もちろんレッスンで腹筋も行いますよ
ガンガンハードに鍛えるのではなく、しなやかに使うイメージです

その中で「憧れるのでできるようになりたい」とリクエストいただくのが↓コチラ

Photo-ac

インナーマッスルを強化しつつバランスも整える動き

この動きで重要なのは
背中とお腹の長さを均等にすること


普段猫背だったり、座って油断しているとお腹はつぶれています
そのお腹を潰さず…伸ばす

背中を反るとお腹が長いので、これもNG

前側と後ろ側の長さを一緒にする

そうすると、上体を伸ばすことができます


このポーズの行いかた
1.膝を立て両座骨で座る
2.背筋を伸ばしたまま、少し上体を傾ける
3.両膝裏に軽く手を添え、膝を胸に引き寄せるようにして足を浮かせる
4.脛を床と並行に
5.手を離して伸ばす

最初は難しいですが行っている間、長さを保つ意識をキープします




何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました