ウエストをシャープに

本日は動きの紹介「クリス・クロスCriss-Cross」
前に紹介した👇の動きに、脚を追加
ピラティスではキツイ部類に入ります

体をねじる動きは腹部を斜めに走る「腹斜筋」と言われる筋肉を刺激
腹斜筋は身体をねじるだけではなく
骨盤の左右についているので、骨盤の左右の位置を調整する役割もあり
左右の腹斜筋の状態に差があると体のねじれを生み
骨盤や腰椎の位置に歪みを起こす可能性があると言われています

逆にいうと、ここを整えると歪みが小さくなるので
キツイけどオススメの動きです

illust-ac

やり方
テーブルトップポジションから、右脚を伸ばし上体は左側へ捻じる
次は左脚を伸ばし上体は右側へ捻じる

ポイントは、骨盤がグラグラ動かないようにすること
肘と膝をくっつける方に集中しがちですが、
ピラティスはコアの安定を造るのが先
くっつかなくていいので、骨盤の安定させた上で、どこまでやれるのか

観察してくださいね


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました