背骨はまっすぐではありません

本日5月27日は「背骨の日」らしいです
予定投稿を変更して、本日は背骨についてお伝えします!!(笑)

背骨って何故あるか?
背骨の役割は3つ
「体を支える(支持)」「体を動かす(運動)」「神経の保護」

下図は背骨を横からみたモノ
実は背骨は前から見るとまっすぐで、横から見るとわずかにカーブしています
しかもサイズの違うブロックの積み重ねで、湾曲しています
素晴らしいバランスですね~😊

この湾曲がまっすぐに近くなったり、曲げすぎることによって
身体への負担が大きくなり、やがて痛みとなって限界を訴えてきます

illust-ac

背骨は1本の骨ではなく、「椎骨」と呼ばれる骨がいくつも積み重なっています
首は「頚椎」、胸は「胸椎」、腰は「腰椎」、お尻部分は「仙骨」と呼びます
仙骨の下端には退化した尾骨がついています

このブロックの骨を少しずつ動かすことで
背中を反らせたり、丸くしたりできます

イメージしながら動かすと、背中の動きがよくなり
身体が軽く感じられますよ

オススメの動きは、ヨガのキャット&カウ
コチラの解説は明日行いますね


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました