四つん這いの手足ポジション

2020.06.12記事を更新しています

この記事は以下のような人にオススメ!!
 ☑四つん這い姿勢で、手首がキツくなる人
 ☑四つん這い姿勢で、肩が痛くなる人
 ☑四つん這い姿勢で、バランスがとりにくい人

四つん這い姿勢の手はナゼ疲れる?

四つん這い姿勢、意外と難しく、手足の位置で負担が大きく変わります

体幹トレーニングにもバランスにも欠かせない四つん這い姿勢
ポジションによっては、腰を痛めたり手首に負担がかかりすぎる事があります

正しい位置に持っていくことで
体幹へしっかり効かせることができるので
自分のポジション見つけて覚えておきましょう

四つん這い姿勢の正しいポジション


 ・手の位置は肩の下(肩幅)
 ・手はじゃんけんの「パー」の形でしっかり開く
 ・人差し指と中指がまっすぐ向く
 ・肘の内側と内側はお互いを向くようにする
 ・脇を締める(A4紙を挟んでいるイメージ)
 ・耳と肩の距離を離す
 ・脚は骨盤幅
 ・お尻はプリっと(でも腰は反らない)
 ・お腹を引き上げる


こんなに多くの事を同時に意識したのが、基本姿勢
大変なのですよ、四つん這い姿勢って(笑)

姿勢改善・二の腕引き締め効果もある

基本姿勢が、無意識に出来るようになるとベストですが
私も猿手なので、すぐに腕がくるんと回転します😥

この基本姿勢
 ✔二の腕のふるふるが氣になる
 ✔いわゆる猿手になる
という人は、四つん這いの正しいポジションをマスターするだけでも
改善につながります

普段骨盤が後傾している人は、お尻ぷりっとで整え
前傾している人は、お腹の引き上げで使いやすくなる
など

普段の変な癖が徐々にぬけていきます

そうすることで、姿勢改善につながっています

まずは、基本姿勢を練習してみてみる

コチラも参考にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました