美姿勢は骨格から

自分の身体が同じ身長・体重の人と比べて、キツイかキツクないか
氣になりませんか?

重力が身体にかける負荷は
美姿勢だと少なく
姿勢が崩れていると大きくなります


これは
キレイな骨格位置で立っているか、いないか…の違い

illust-ac

自分の身体がキツイかキツクないか…人と比べられませんが
同じ重さでも重力受け方が違う…という実感はできます

まず、本を数冊準備します
最初にきちんと重ねて手のひらに乗せます(写真一枚目)
次に
少しずらした状態で手のひらに乗せます(写真二枚目)

本をきちんと重ねて持つ
本を少しずらして持つ

どうでしょう…
きちんと重ねている方が、少しずらした時より軽く感じるのが分かりますか?

同じ本、重さは一緒、違いは『ずれ』
ずれが生じることによって、受ける重力が違います

このずれは人の身体でいう『姿勢崩れ』
姿勢崩れが少ない人は軽やかに見え、実際に軽やか
姿勢崩れが多い人は、より多くの重力を身体で受けることになります

このことからも、トレーニングするだけでなく
骨の位置や使い方を意識することをオススメしています


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました