美脚の定義

美脚になりたいと思った時
最初に意識して欲しいのは骨格…要は配列

これらの記事でもお伝えしたように
骨格…配列が違う状態でトレーニングするということは
狙った筋肉ではなく
本来だったら使わなくてよい筋肉を鍛えることになり
骨格への負荷が増え、変な痛みを伴うことがあります

極力正しいポジションに配置して、動かすことが美姿勢への近道

ストレッチは意識入れやすいですが
動き始めると意識できない…というのは、誰でも同じです
そこを、無意識レベルで出来るようになるため繰り返し行います

これを踏まえて…

目安になる『美脚の定義』
両脚をそろえ、かかとをつけた状態で
 太ももの中央
 ✔ひざ
 ✔ふくらはぎ
 ✔内側のくるぶし

がくっついていること

そのとき
太ももの真ん中~ひざの皿の真ん中~足首の真ん中~脚の人差し指
が一直線の状態が理想

Photo-ac

トレーニングというと、どうしても「ツラク感じるのが効いている」と思いがち
ですが…
実際は、効かなくていいところに効いている可能性があります

美脚の定義になぞらえて、脚を配置して動かしてみると
ちょっとした動きでもキツイかもしれません

それは、今まで使えていなかったサインかも
「美」を追及するには、一旦立ち止まって確認してみるのもいいと思いますよ



何か参考になれば幸いです


コメント

タイトルとURLをコピーしました