二の腕痩せには鎖骨から動かす⁉腕の使い方をマスターする

腕を動かすとき鎖骨も動かしていますか?

肩関節で繋がっているので、腕は肩からに見えますが
筋肉的に鎖骨スタートです
意識を変えて動かすだけで、姿勢もよくなり
二の腕に老廃物も溜まりにくくなります


コチラ☟のブログでは肩甲骨について書いていますが
実際に腕を動かす時には、鎖骨と肩甲骨も一緒に動きます

鎖骨と肩甲骨は身体の前側と後側の骨
そこに腕がくっついています
鎖骨は腕と身体が離れないようにつなぎとめている骨

レッスンでも
「腕は肩からではなく、鎖骨からです。鎖骨から動かして」
とシツコクお伝えしています

illust-ac

鎖骨と腕をつないでいるということは
周辺の筋肉をほぐし、動かしやすい状態にしていないと
 腕を上げることがキツイい (いわゆる五十肩)
 バンザイをすると、肘が曲がっている
ということにつながっていきます

また鎖骨は首とつながって、頭も支えています
首の前側や横側をストレッチするときも
鎖骨を少し意識して行うといいですよ

鎖骨があるおかげで人は
 木にぶらさがる
 モノを掴む
ということを可能にしています
 ⇒ モノを掴まない犬には鎖骨はないそうです😲

こういう動作の時には特に
「腕は鎖骨から動かす」意識で動かすと
身体が楽に動かせるようになります


身体の前側にあって、あまり大きな動きをしないので
何であるのかな?と思いがちな鎖骨ですが
人にとってとても重要な役割を果たしているんですね~


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました