普段、意識しない呼吸を意識してみる

この記事は以下のような人にオススメ!!
 ☑イロイロ考えて呼吸が分からなくなった人
 ☑呼吸について考えたことがない人
 ☑最近、呼吸が浅くなった氣がする人

この記事は2020.05.08記事を更新しています

毎日”約30,000回”呼吸しています

人間は誕生して最初にするのが、呼吸

学ばなくても自然にできる=普段は意識しない

無意識に出来ることを、意識して行うことで免疫機能がUPしやすくなります
毎日30,000回も行っていると、かなり免疫機能をあげられそうですね

そもそも呼吸とは何?

「呼吸」とは、酸素を取り入れ二酸化炭素を排出すること

酸素は、食事などで体内に入った栄養素を分解するときに「燃焼」させます
燃やした時に「二酸化炭素」が発生し、身体に不要なので排出させます
この出し入れ作業が「呼吸」なのです

空気は「肺」にしか入りません

呼吸方法が「腹式呼吸」や「胸式呼吸」という呼び方があるため
吸った空気がお腹に入ると考えている人が意外と多いのですが

空気は「肺」にしか入りません

呼吸の深い・浅いは横隔膜が動くかどうかがカギ

お腹が膨らむ腹式呼吸は
息を吸った時に横隔膜が下がることで、内臓が下に押されます
それで膨らんだように見えます

実際は、横隔膜が下がってできた肺のスペースに
酸素が入ることで肺が膨らんでいます

呼吸は「呼吸筋」を使って行います

「呼吸筋」とは、呼吸するときに胸郭の拡大、収縮を行う筋肉たちのこと
インナーマッスルで構成されていて、姿勢をキープする役割もあります

呼吸をしっかり行うということは
 ✔酸素を多く取り込み代謝が上がる
 ✔インナーマッスルを使い、美姿勢をキープする
 ✔身体に有害な二酸化炭素をしっかりと排出する
身体にいいことばかり

日本人に多いといわれる猫背姿勢は
肺を押しつぶした姿勢で、酸素が入りにくいため代謝が上がらないのです

いきなり姿勢をよくするのは難しくても
少し背筋を伸ばして呼吸をすると、呼吸も深くなり姿勢改善にもつながります

鼻から吸った空気は『背骨を通って』全身に行き渡ります
全身に行った空気は口(鼻)から出します

お腹は全方向から凹ませる
背筋を伸ばすには、腰から身体を起していく

コメント

タイトルとURLをコピーしました