たくましい首の根本はお腹が原因

ちょいちょい
『肩こりがヒドイので動かしたり、もんだりしているのですが
思ったほど取れないのと、なんだか首が太くなった気がするんです』

というご相談を受けます

これ原因はいくつかありますが
一番大きな原因はお腹

実は腕を使う時、体幹…特にお腹の力が抜けていると
肩周りの筋肉のみで腕を支えようとします

そうすると肩周辺に余分な力が入り、肩周辺の筋肉がこるという状態に
この時特に、肩上側に力が入りやすいのです

肩こりを直そうといっぱい動かしても
肩こりが思ったほど取れない…というのはこのあたりに原因があると思われます

illust-ac

実際のレッスンでもよく紹介するコチラの肩こり解消運動
よく見かけるのは
 ❌手のひらが離れている
 ❌腕を上げる意識で上体を傾けている
という間違い

この動きで意識して欲しいのは
 ✔手のひらをペタっとくっつけたまま離さない
 ✔肩甲骨を背骨側に寄せる意識

 ✔上体はまっすぐのまま
という部分

解説すると
手のひらを離さない+肩甲骨を寄せる意識 = 肩甲骨周辺筋肉を使う
上体をまっすぐキープ = お腹を使う

この二つで、腕を使う時には
 肩甲骨から動かすこと
 お腹に力を入れて動かすこと
が脳にインプットされます


お腹の意識に囚われやすいので、肩甲骨を意識してみてくださいね


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました