肩こりの原因は”普段の姿勢”~意識だけで座り姿勢改善~

あなたは肩こりや腰痛の原因は「姿勢」とわかっていても
その姿勢を直すのに、筋トレが必要と思っていませんか?


誤解を恐れずにいえば
正しい姿勢にしていると筋トレは必要ありません

確かに、正しい姿勢を維持するための筋力は必要です
ですが、その筋力は正しい姿勢を保つことで自然と鍛えられます

姿勢が崩れている人がイキナリ筋トレを行うと
特定の筋肉や骨に負荷がかかり
付けたくないところの筋肉がついてしまったり
それによって、身体を痛めてしまうことがあります

 ✔解すストレッチを行う
 ✔正しい姿勢に何度も持っていく

ということから始めると身体は自然に整っていきます
まずは「正しい姿勢」を手にいれましょう

この記事は以下のような人にオススメ
 ☑猫背や反り腰など、自分の姿勢が氣になる人
 ☑肩こりや腰痛などの不調がある人
 ☑筋トレが苦手な人

正しい姿勢にするには”数多くこなす”こと

姿勢が崩れている人は、正しい姿勢にしてもキツク感じすぐに崩れてしまいます
それは今現在、あなたの脳が「(あなたにとっての)正しい姿勢=崩れた姿勢」と認識しているから

ですので、正しい姿勢を脳に認識してもらう必要があり
認識を改めて貰うためには
30秒しかもたなくてもいいんです
それを
何度も何度も正しい姿勢を取るようにすることが重要であり必要です

正しい姿勢~座り姿勢~

では、正しい姿勢とは、どんな状態でしょうか?

今回は自分で修正しやすい、椅子に座っている姿勢です

座りでの良い姿勢と悪い姿勢

椅子の座面全体を使って座った状態
お尻と太もも裏をしっかり椅子に乗せて座ると、腰が伸びます
 ⇒骨盤をたてて座っているため、腰を丸くしようとしてもしにくい

逆に、座面に浅く腰掛ける状態は
腰が丸くなり猫背の形になります
 ⇒骨盤が傾いて座っているため、すぐに腰が丸くなる

たったこれだけの違いと思われますが
実際に座ると、見た目はずいぶん違っています


この座り方をするだけで、普段の姿勢改善へと繋がります

脳の姿勢情報は上書き保存式

何故、脳は勘違いを起すのか?
それは、何度も何度も崩れた姿勢を取ることで、その姿勢が正しい姿勢と覚えてしまうから

特定の筋肉や骨に負荷が偏った姿勢が
肩こり・腰痛・その他の不調を生み出します

結論、最初に行うのは
特定の筋肉や骨に負荷がかかっているものを取り除くこと = ストレッチやほぐすこと

そうすることで、いままで過剰に頑張っていた筋肉は力が抜け
いままでサボっていた筋肉には力が入り
身体全体のバランスが整っていくため
                                   
自然と身体全体の筋肉を使えるようになるため
筋トレを行わなくても、身体が締まって行きます

勿論、ある程度整えたあとは、身体全体をバランスよくトレーニングすることをオススメします

まとめ

姿勢が悪い ⇒ 筋トレ開始
では不調を拡大させ、ケガを促進することになりかねません

まずは姿勢を正す
骨盤を立てることに意識を集中してみてください

身体のラインが変わってくるのが分かりますよ

レッスンのお問い合わせ・ご予約など
LINEまたはお問合せフォームのどちらかからお願いします

LINEのお友だち追加後
お名前・ご連絡がつくお電話番号・ご希望の日時をご入力の上、お送りください


コメント

タイトルとURLをコピーしました