前後の次は左右のスキマ

背骨の動きの続きです
昨日のブログは前後の動きでした

前後ときたら、当然?お次は左右

何度も言いますが、背骨はブロックの積み重ね
ブロック前後を広げても、左右が潰れていてはすぐに元に戻ります
左右も広げて、スキマスペースを確保しましょ

Photo-ac

コチラもよくみるストレッチ
身体の横側…体側を伸ばしていきます

背骨のなかでも腰の部分あたる『腰椎』は
身体を支えることがメインの骨で
『胸椎』や『頸椎』に比べると動きが少ない部分

前後の動き”キャット&カウ”のときは
お尻の尻尾から動かしていくことで、胸椎や頸椎を連動させて動きました
しかし…側屈では尻尾位置はほぼ変わりません

ポイントは骨盤と肋骨を引き離す意識


お尻が浮いてしまうと、骨盤が傾き『l』を『/』にするだけの動きになります
骨盤と肋骨を引き離すことで
動きが少ない腰椎部分が広がります
土台が広がると、後はその上部分を氣持ちよく広げていくだけ

ちなみに骨盤と肋骨というのは
いわゆるウエスト部分。そう骨がない部分です

骨がない部分=支えがない部分
この部分をゆるめることで、筋肉も使いやすくなります
ウエスト欲しい人はmustなストレッチともいえますね😁


何か参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました