蚊から安眠を守る!アロマオイルで快眠生活

近年は見かける期間が長くなった氣がします
春から秋まで、何かと睡眠妨害をしてくる「蚊」

戦っていたら睡眠不足…
睡眠不足は美容の大敵ってことで
「蚊」がキライな香りで対策しましょう

刺される人、刺されない人の違いも最近は判明してきたようですが
今回は、対策のお話です

この記事は以下のような人にオススメ!!
 ☑夏の睡眠を蚊に阻害されている人
 ☑虫よけスプレーをお手製にしたい人
 ☑熟睡感が薄い人

出来れば避けたい虫刺され

外にいても家にいても虫に刺されるこの季節
私は特に虫に愛されているらしく、子供の頃から人の倍刺されている氣がします

市販の虫よけスプレーなども試してみましたが
していても刺されするし
かゆくなったり…
そのうち市販のも使わなくなっていました

刺された後の腫れ方がひどくなってきた

年齢のせいなのか?だんだん刺されたところの腫れ方がひどくなり
「蚊」に刺されたと思えないレベルになるように…

その後、エッセンシャルオイルと出会い
「抗菌作用がある」と教えて貰ったティートゥリーオイルを
刺された後にすぐ塗ったら全く腫れないうえに、すぐ治ったんです

刺されて腫れたものも、腫れがすぐに引きました

それ以来、夏はお守りのようにティートゥリーオイルを持ち歩くようになりました(笑)

蚊が嫌がる成分を利用する

最初は腫れないことを喜んでいましたが
虫除けスプレーを造ったらいいよとアドバイス貰ったので
自作に挑戦

調べてみたら、蚊が嫌がる成分を入れるほど強力になるとか(笑)

蚊が嫌がる成分
シトロネラール》 レモン・ユーカリ、レモンバーム など
《シトロネロール》 ゼラニウム、ローズ、シトロネラ など
《シトラール》   レモングラス、レモンバーベナ など
《カンファー》   ローズマリー・カンファー

この中から手持ちのオイル
レモン・ユーカリ、ゼラニウム、レモングラス、ローズマリー
をブレンド

ラベンダーやオレンジなどを入れると、香りが優しくなりますし
ミント系の香りも、効果があると言われてるので
さっぱり気分の時には入れています

複数でなくてもOK

絶対にこれだけの種類がないとダメなのではなく
どれか1つあれば、虫よけ効果はあります

私はたまたま手持ちがあったので、数種類を混ぜましたが
手持ちがないときは、3種類だったり2種類だったり
その時々でブレンド種類(数)は変動します


虫よけ効果は、香りが強い方がより効果的とのことなので

一度に大量に作らず、面倒でも小分けで作って利用
香り成分が強く、虫除け効果も高くなります

安眠妨害されないためには、顔周辺のお布団や枕にシュッとしたり
パジャマに軽くシュッとしておくとOK

また作ったものを、ベット付近に置いておくと
もし、攻撃を受けても周辺にシュッとすることで
襲撃を免れます(笑)


エッセンシャルオイルを使って、素敵な快眠をGetしましょう


※もちろん、普段の虫よけとしても活用できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました